2008年北海道ツーリング
斜里→霧多布→厚岸→釧路 下り坂から回復、雨中走行は冷えちゃうね

7/23(水)
楽天トラベル
5:00 斜里温泉湯元館
斜里温泉湯元館からみた斜里岳 33250km
激しい雨音と雷の轟音で目が覚めた。
今日も雨か はぁ。
テレビで天気予報を見ると別海は結構降るようだ。
おまけに雷雨警報も出ている。
天気がよければ野付半島、尾岱沼で打瀬舟の打たせ網漁(北海しまえび漁)を見たかったのだがどうやら無理そうだ。
コース設定を別海をそのまま標津方面へそこから厚岸に進むことにする。
どうせ途中も雨でしょうけど思いっきり降られるよりは少しでもましなコースにしましょう。
起きついでに温泉へ入りに行く。
こんな時間の為、他にはお客さんがいないのでのんびり浸かることができた。
やっぱり泊まるなら温泉付に限る。
欲を言えばここのように24時間入れるのがベスト。
誰もいない浴槽は気持ちよい。

6:30 斜里温泉湯元館 朝飯
斜里温泉湯元館 朝飯 朝食をとるころには雨脚は弱くなりこれならば走れるかな。
たまご掛けご飯にして飯をかきこみ、納豆もかきこんだ。
イカの塩辛はとても美味しく、ご飯をお替りしたのは失敗だったかも。
食いすぎです。

7:00 斜里温泉湯元館
斜里温泉湯元館看板どんより曇 食事を済ませてチェックアウト
昨日夕食のときに頂いたビール代金\700(高い!)を払ってチェックアウト。
荷物を積んでナビの防水対策を施す。
ジップロックでもある程度の雨なら問題は無くいつもこの方法。
さて出発するか。

8:20 標津 ホクレン
標津 ホクレン 今年のホクレンではフラッグの配布をやめているのだが、独自でオリジナルフラッグを配布しているところがあります。
ツーリングマップルを見ると通り道にそのホクレンはあるので寄ってみることにした。
ところが、開店前に着いたので開いていない。
仕方が無い諦めるかと行きかけたが、そのときスタンドの置くから店の方が出てきて「もうすぐ開けますのでよかったら待っててください」とのお言葉。
少し待って給油していていただいたのだが、給油量が少なく恐縮物です。

給油 4.77L
料金 \866 リッターあたり \182
走行距離 153.3Km
燃費 32.1Km

まずまずの燃費
スタンプとオリジナルのフラッグをもらいました。

9:00 別海セブンイレブン
雨の中走行していたが、ものすごい睡魔に急に襲われる。
こりゃやばいこけそうかも。
先にセブンイレブンを見つけとりあえず休憩。
眠気覚ましのガムと寒かったのでホットレモンを購入 \229し暖とりと眠気対策です。
夕べはいつの間にか寝てしまったが実際にはあまりよく寝れていなかったのかも。
休憩して、ガムをかみながら雨中走行です。

10:00 霧多布温泉ゆうゆ
霧多布岬 太平洋側にでましたが雨脚は激しくなってきました。
ブーツはゴールドウィンの防水ですが、経年劣化で防水力が落ちてきている様子。
中でくちゅくちゅと気持ちが悪い。
雨ついでにどうせ霧に違いない名の通りの霧多布岬へ行って見る事にした。
予想通り霧ですが何も見えないほどではない。
キャンプ場があるのだが、一昨日上湧別あたりで信号待ちで一緒になったムルティストラーダがいた。
同じバイクを所有する身なので思わず話しかけたのだが、そのときは釧路に行くといっていたが釧路からこっちへ流れてきたようだ。
ライダーを探すがどこかに雨から避難しているのか見当たらず。
まぁそこまでして話すことも無いのでその場を去った。

霧多布温泉ゆうゆ というのも雨が激しくなってきたのでおいらもどこかに非難しようと思ったからなのだけど。
途中で見た看板に『霧多布温泉ゆうゆ』とあったのでそこに一時避難することにした。
霧多布の岬からはほんの数分で到着。
結構新しいのか綺麗な設備である。
入浴料 \500を券売機で買って入場する。
内湯と露天風呂、ミストサウナもあり\500とは良い。
露天風呂から霧多布の湿原を眺めると、雨でも悪くないなという気分になった。
のんびり露天風呂に浸かりながら雨脚が弱まるのを待って風呂から上がる。
進入した雨水ですっかり濡れてしまった靴下を履き替えコンビニの袋でインナーブーツの代わりにしてブーツを履いた。
これで気持ちの悪いは少しはましになるだろう。

トゥクトゥク-1 トゥクトゥク-2
トゥクトゥク-3 トゥクトゥク-4
駐車所へ出るとそこにはタイのタクシーでよく見かけるトゥクトゥクが停めてあった。
ちょっと珍しいので撮影
さてと、霧雨になった霧多布のヤチの中の道路を厚岸方面へ進みます。

12:20 道の駅厚岸
炙り屋 セット 厚岸の蛎
ステーキ 豚バラネギ間
ホタテ 貝汁
もう既に路面は乾いており雨はとりあえず小康状態。
このまま雨は上がりそうな雰囲気だが、まだレインウェアは脱がないほうが無難だ。
道道123を厚岸方面へ進みとりあえず厚岸駅へ。
牡蠣飯でもと思ったのだが弁当を駅前でもそもそ食うのもなんかやだなと思い道の駅厚岸グルメパークへ行くことにする。
2階にある炙り屋で炙り屋 セット\1380を購入して、炭火のコンロのあるテーブルへ。
厚岸産の大振りの牡蠣が2つ串焼き、ホタテ、ステーキ肉がついてます。
軍手が付いてきますがやけどには注意。
レインウェアは危険なので上だけ脱いでおきましょう。
やっぱりビールが欲しくなりますね。

セローが2台 さて、外に出るとオフロードの2人連れセローが2台。
1台は結構旅なれたいじり方をしておりもう1台はほぼノーマル。
話しをしてみるとどうやら進んできた方向へ向かうそうでここで腹ごしらえとの事。
入れ替えでおいらは出発です。

15:00 釧路
R44を釧路へ。
実は厚岸−釧路間のR44は結構速度取締りが多く警戒していましたが、さすがに天気が悪いのかまったく今夏は遭遇しません。
天気が悪いのも良いのかもしれません。
順調に釧路に到着だが、走行距離を見るとリザーブになってもおかしくないのにリザーブにならない。
もしや燃料コックを戻し忘れているんじゃないかなと思ったのだが、そろそろスタンドによって給油したときに見ようと思いそのまま走行。
釧路の町に入るところにホクレンがあったので給油しました。

給油 5.82L
金額 \1082 リッターあたり \186
走行距離 201.4km
燃費 34.6Km/L

燃料コックはちゃんと戻っていました。
思いのほか燃費がよかったようです。

15:20 釧路フィシャーマンズワーフ
港文館 啄木像
今晩のお宿『釧路ホテルバコ』へ到着したがまだまだチェックインには早すぎるので釧路の町をうろうろとする。
釧路港にある石川啄木ゆかりの港文館をみたり。

北海道土産 そういやもうそろそろお土産も買わないとなと思いホテル近くの釧路フィシャーマンズワーフへ行ってみました。
1Fは和商市場のような魚屋さんがあったり土産屋さんがあるのです。
ここで、ロイズポテトチップ、白い恋人、じゃがぽっくる、ジャガイモホットスープ、トウキビチョコ、白熊とブラウン熊ガラナを購入し送りました。
総量込みで\9610
じゃがぽっくるは結局ここで買った1しか手に入らず。

15:30 和商市場
和商市場 勝手丼
小腹が減ったので明日行けばなと思っていたが時間もあったので和商市場へ。
2時ぐらいで終わるのかと思っていたが、まだやっていました。
ご飯を\150を買って適当に選んで全部で\1150勝手丼を頂きました。
美味しかったです。

16:00 釧路ホテルバコ
和商市場 お土産も買ったしおやつ(ブランチ?)も頂いたので、ホテルにチェックイン。
ホテル前にシェルパを停めてロビーへ。
ネット決算の為、ここでは支払いは無しだ。 (ネット決算済み\5880)
10Fの部屋で結構高い場所。
早速、着替えてホテルの大浴場へ。
このホテル、天然温泉の大浴場があり屋上には大画面のTVがある露天風呂があり設備が充実しています。
帯広のパコも温泉だったが、釧路のパコはそれ以上の設備で大満足。
さて、風呂上りのビールでも買いに行きますか。

17:00 セイコーマート
宗男の駐車場 ザンたれ
風呂上りの涼み(とはいえ釧路は寒いけど)で釧路の町をぷらぷら。
鈴木宗男の後援会の駐車場に面白い看板を見つけたり。
ザンたれってなんだろうって見たり(今度行ったら是非食べてみたい)
セイコーマートによってビール、つまみ\1344を購入し部屋に戻る。
飲み足らないのでやっぱり飲みに行くことにする。

18:00 釧路フィシャーマンズワーフ 港の屋台
港の屋台 屋台活丸イペ
生ビールと行者にんにく 生牡蠣
エゾシカのフランク 釧路フィシャーマンズワーフの2階に港の屋台という屋台村があり入ってみた。
その中の1つ屋台活丸イペに入り行者にんにくとかエゾシカのフランクなど北海道らしいもの
つまみに生ビールを飲んで店のおばちゃんと話が盛り上がる。
隣のおいちゃん達に地酒を薦められ良い気分になり、ホテルへ戻る。
全部で\2900とはリーズナブルです。

20:00 河むら
河むら 素直に戻ればよかったが、釧路といえばご当地ラーメン釧路ラーメンがあったはず。
ezナビウォークで検索すると『河むら』という店が近そうなのでいってみた。
店の人に「釧路ラーメンは何がいいの?」と聞くと「醤油」とのこと釧路ラーメン 醤油 \650を注文した。

河むら醤油ラーメン さて感想だが、はっきり言って口合わず。
だしが魚ベースなのは判るが、薄いというかコクが無い。
びっくりラーメン\180のほうが美味しく感じる私は味音痴でしょうか。

20:30 セイコーマート→ホテルパコ
ホテルパコ 帰りのセイコーマートで暇つぶしの雑誌と飲み物\538を買ってホテルに戻りレインウェアをきれいにパックしなおしたり、汚れ物をパックしなおしたりして旅の終わりを振り返る。
今晩が北海道最後の宿泊。
北海道最終日も安全に楽しめますように。
今日はこれにて就寝。

2008/7/24へ続く・・・

7/23 本日の走行パス
本日の走行パスはこんな感じ

☆★☆今回の装備☆★☆
即納!お得な8大特典 ナビ対応GPS付き Mio P350 送料/代引手数料無料!★
【そのまま内税】Mio168シリーズ用自転車・バイクRAMマウント(Uボルト)
KAPPA TK714
即納!お得な8大特典 ナビ対応GPS付き Mio P350 送料/代引手数料無料!★
【そのまま内税】Mio168シリーズ用自転車・バイクRAMマウント(Uボルト)
KAPPA TK714
容量は可変できます。



22lから28l(片方で)
斜めにカットされているのでスポーツバイク系のアップタイプなマフラーにも対応できます。




7/24へつづく
2008年北海道ツーリング メニュー
バイクと日々の戯言Blogへもどる

けんぼう作; 2009-3-29更新;
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー