2007年北海道ツーリング
北海道最終日は雨 日勝峠で雨中でたちんぼ 帯広⇒日勝峠⇒苫小牧

8/16(木)
楽天トラベル
6:00 起床
25486Km スタート 25486Km
朝ご飯を食べられ所はないかと帯広駅を散策したが駅はまだ静まり返っている。
駅から出ると雨が降ってきた。
どうやら天気予報どおり、今日一日こんな天気なんだろう。
まぁ最終日以外は天気もよく、良いツーリング日よりだったことを感謝しよう。
今日一日ぐらいはしょうがない。
ホテルに戻る途中のコンビニで朝ご飯のおにぎりと野菜ジュースを購入
お店の前で痴話げんかをしていたのを見ているとコンビニの店員から、「毎朝こうなんですよ」と毎朝の子例行事だそうだ。

9:00 六花亭 帯広本店
サクサクパイとベリーパイ 開店と同時に来る粋狂はおいらぐらいなのかなと思っていたが、開店前だと言うのに既に何人お店の中にいるようだ。
お目当てのサクサクパイは去年あったチョコクリームはなくなっていました。
なのでノーマルなカスタードのサクサクパイ\100とイチゴやブルーベリー等ベリー類がのったベリーパイ\120を買ってフリースペースでコーヒーを頂きながら雨の景色を見る。
昨日まで暑かったが、雨の所為か今日はちょっと肌寒いぐらい。
太平洋側のルートを進むか、それとも峠越えをするか悩んでいましたが、去年も使った峠越えルートを行く事にしました。
この選択は結果失敗だったと思う。
雨なんだから山だと雲中だから視界が悪いのにね。
ああ、失敗したよ。

9:20 帯広給油
フラッグ欲しさにホクレンのスタンドを見つけたので、まだ必要は無かったが給油する。
「すいません。フラッグ欲しさに給油したいのですがいいですか?」と聞いたところ、「もちろんですよ、どうぞ」といやな顔せずに対応していただけました。
感謝です。
トリップメーター 42.9.2Km
給油 1.6l
燃費 26.8Km/l
料金 \240

9:30 信号待ち
前方を同じようにカッパを着て走っているXR250がいたので信号待ちで並んだときに話してみた。
彼は今から小樽へ、おいらは苫小牧へと言っていたらお互い今日が最終日という事が判明。
お互いに気をつけてといって分かれました。
暫くすると、背後から救急車のサイレンがしたので路肩によりやり過ごす。
先へ進んでみるとと単独事故か車と衝突したのかわからんが、浜松ナンバーのバルカンが転倒していました。
乗っていたライダーらしきおいらぐらいの方がタンカに乗せられるところ。
あまり意識もはっきりしていないご様子。
大丈夫かな。

またもや事故、今度はフロントフォークが逝っちゃっていたスティード。
乗っていたライダーは既にいませんでしたが移動交番の警官が事故処理をしていました。

10:00 日勝峠
日勝峠トンネル赤信号 日勝峠を登っていくと去年もそうでしたが霧が濃く視界は相当悪い。
もともと登りでパワーが無いスーパーシェルパなのが逆に幸いし路面の状況も悪いなか登坂車線をぼちぼち登っていく。
シールドにつく細かい水滴と霧の為、視界が悪くてとても怖い。
グリップは先日替えたIRC GP210はすこぶる路面への食いつきもよく問題は無いが何しろ視界がほとんど無いのだ
峠の頂上を越え日高方面へ下る頃ようやく霧が薄くなり視界がマシになった。
前方を走る大型トラックが日勝トンネル手前で停止した。
何だろう?と思い前方を見るとトンネル入り口にある信号が赤になっていた。
また事故か?
と思ったが様子がわからない。
雨の中、シェルパにまたがったまま20分も待っていた頃後方から2台バイクがやってきた。
またがったまま長時間いたのでシェルパから降り背伸びをしてると後続のライダーに「どうしたんですかね?」と。
「もうかれこれ20分以上雨の中待ってますよ。」と答えたら、「え!20分」』と驚いた様子。
帯広からここまで2件のバイク事故を見てるだけ、またもやと思いながらそのまた10分後トンネルの向こう側から救急車のサイレンが聞こえる。
「やっぱり事故かい」と思わずつぶやく。
その後5分後今度は後ろからパトカー到着。
そのままトンネルの中へ入っていく。
これで暫くすれば開通しそうだなぁと思っていたがこの後がまた長い。
5分後救急車のサイレンが再び聞こえて暫くすると対向車がトンネルから出てきた。
対向車は来るがこっちは一向に進む気配が無いのだ。
10分後パトカーがこちらのトンネル側に来て交通整理。
それまた5分後にようやくトンネルに入る事ができた。
トンネルを進むとやはりハーレーがおねんね。
反対方向をむいて転倒している。
移動交番の警官数名が事故検分をしているようです。
乗っていたライダーは見当たりません。
多分先ほどの救急車で運ばれたのであろう。
日高方面のトンネルを出て少しいった先のスペースで高そうなハーレーのおじさんたち(5〜6台)が固まっていたので、多分仲間なのだろうと思う。
先日ホテルでTVのニュースを見ていたとき浜松のバイパスでマスツーリング中の中年男性がカーブを曲がりきれず側壁に接触。
その時に左足を膝から下を切断したのを気がつかず2Km走ったというニュースを思い出した。
雨の日はただでさえ路面状況が悪いし視界も悪いのでおいらも気をつけよう
北海道最終日はなにやら事故づいています。

11:20 道の駅 樹海ロード日高
豚丼 雨と標高の高い日勝峠で寒くなり、お腹に何か入れようと休憩
他にも多くのライダーが休憩中です。
道の駅の喫茶店らたんどーるで豚丼\850を食べて人心地ついているとどこかのツーリング倶楽部なのかバイク談義に花が咲いているようだ。
会社のツーリングぐらいしかつるんで走る事がなくなったのでちょっとだけ羨ましく思う。
でも、やっぱりマスツーリングはちょっと苦手だったりもするのだけれども。
お腹が膨れたのでぼちぼちと参りましょう。

日高のサラブレッド 今日は22時までに苫小牧東に行けばいいのだから、馬でも見ながら安全運転で行きましょう。

13:40 厚真のフェリー乗り場手前ぐらいかな? 苫小牧に向う鵡川からの国道、雨は上がったのだがまたいつ降るか判らない天候だ。
一本道で海側は藪、反対側は高速道路というところですが、ゆわKm〜やわKmで走行中目の前から『蝦夷鹿』が飛び出し、急ブレーキ
後続車がいなくてホント助かりましたよ。
噂には聞いていたが実際に飛び出されるとびっくりする。
ぶつかったらダダじゃ済まないよあんなデカイの。
林道とか道道では気をつけていましたが、こんなメインの国道にも出没するとは思いも寄りませんでした。
はぁーびっくりした。

14:00 2and4
去年スーパーシェルパのバルブ切れでお世話になった2and4へお邪魔する。
気さくに出迎えてくれてちょっとほっとしたのです。
そうここはKTMのお店。
SuperDuke990がおいてあったのでまじまじと眺めてきました。
実写を見るのは実は初めて。
ムルティストラーダも良いがSuperDuke990もなかなか格好よろしいなぁ
ここで赤フラッグをゲットしました。
これでコンプしたと思っていたら、実は今回隠しフラッグなる物があることを後で知る事になるですよ。
北海道から帰って初めて気がつきました。とほほ、黒があったのね。

14:40 味の大王
カレーラーメン ここまできたら是非寄らねばということでウトナイ湖近くの味の大王本店でカレーラーメンを頂きました。
カレーのルーがもったり粘度が高く、ておいらは好きです。
美味かったです。
ご馳走様

15:30 新千歳空港
新千歳空港 今回お土産を石屋製菓があんなんなので六花亭以外に買えない状況。
このままだとちょっと顰蹙を買うかも知れないので、新千歳空港まで足を伸ばす。
空港ロビーでお土産屋さんを覗くとやはり『白い恋人』はどこにもありません。
目当ての『じゃがポックル 』は売り切れで入荷の見込みは未定との事。
残念です。
適当に北海道らしいお土産を見繕って自宅に送る手続きをして新千歳空港を後にします。

16:40 給油 千歳から鵡川まで走っていたら今回始めてのリザーブタンクへ切り替え。
マジでガス欠です。
まぁこの先にスタンドがある事は知っていたので慌てず騒がず鵡川のスタンドで給油
トリップメーター 238.4Km
給油 7.1l
燃費 33.6Km/l
料金 \1010


16:50 道の駅 むかわ 四季の湯
むかわ 四季の湯 ここで20:00過ぎまでゆっくりとして行きます。
毎年のごとくここでフェリーの時間までじっくり時間調整
お風呂に入ったり、休憩室でマンガ読んだりして過ごします。
外は雨が降ったりやんだりいまだ不安定な空模様。
雨に降られながらも露天風呂でマターリ
お風呂が飽きると休憩室でマターリ
バリバリ伝説を15-18巻まで読んじゃいました。
周りを見渡すと多分フェリーの時間調整と思われるライダーらしき人がちらりほらりみえました。
20:40位に外へ出てみると雨は止みそうな感じ。
あと8Kmなので降られてもいいかという事でカッパ無しでフェリー乗り場に向います。

20:50 鵡川 セブンイレブン
夜食とフェリー内での食事、カップ麺と惣菜パン、飲み物、雑誌を買い込む。全部で\1980なり
外に出るとまたもや雨
マジ降りになってきたが面倒だったのでずぶ濡れ覚悟でそのまま出発。
視界が悪いのと、昼に飛び出してきた『蝦夷鹿』に注意して慎重に走る。

21:10 苫小牧東港 新日本海フェリーターミナル
すいせん 雨は結局やや小雨になったものの止む事も無くブーツの中はグチョグチョです。
出発時に既にチェックインは済ましているので、乗船時間までフェリーターミナル2Fで雨宿り兼夜食を取る事にした。
すでに雨の為か人で一杯。
椅子は空きそうに無いので、絨毯が敷かれている床に直座り。
同じくずぶ濡れだった若いライダーさんがいたので話してみるとなんだか大変だったご様子。
トラブル続きで結局みやげ物も買えなかったので今買いましたとの事。
そういや『白い恋人』のワゴンは人知れずロビーの奥のほうに隠すように置かれていました。
ブーツと靴下を脱いでくつろいでいると同じように次から他のライダーさんもブーツ脱いで靴下脱いでました。
こういうのって連鎖するんですかね。
先ほどコンビニで買った弁当で夜食を食べていると22:40から乗船すると館内アナウンスが流れる。
気持ち悪いが、再び濡れた靴下とブーツを履いて、バイクのところに戻ると先に並んだ何人かは戻ってきていて準備をしているが、もって来ていない方もいるようだ。


22:40 すいせん乗船
誘導員が乗船誘導を始めたのでエンジンを始動順番を待つがまだ戻ってきていないライダーや準備が整っていないライダーがいる。
申し訳ないが、先に生かせてもらいます。
誘導員には従わないとね。
スイセンへ乗船してきぱきと荷物を降ろしフロントで部屋割りしてもらい2等寝台へ。
乗船が早かった為、下段ベットをゲットできました。
ベットメークは後でもできるので、身軽な服装に着替え、早速お風呂へゴー
まだ、乗船が終わりきらないうちに風呂に入ってから揚げ\500をつまみに生ビール\500をロビーで頂く。

23:40 苫小牧東港出港
飲みが足らないので発泡酒\230を追加してにのみのみ。
帰りは直行便のため19時間ほどで敦賀港に何事も無ければ到着予定だ。
帰りは2等寝台の為、行きのように抱き疲れることなく寝れそうだ。
おやすみなさい。ZZZZZZZ

8/16 本日の走行パス
16日の走行パス
本日の走行パスはこんな感じ
本日の走行距離:376Km
本日の走行時間:14時間00分
総走行距離  :23787〜25747Km 1960Km
総走行時間  :61時間20分
ODDメーター  :25747Km
燃費     :30.89km/l
総燃料    :96.16L

☆★☆今回の装備☆★☆
即納!お得な8大特典 ナビ対応GPS付き Mio P350 送料/代引手数料無料!★
【そのまま内税】Mio168シリーズ用自転車・バイクRAMマウント(Uボルト)
KAPPA TK714
即納!お得な8大特典 ナビ対応GPS付き Mio P350 送料/代引手数料無料!★
【そのまま内税】Mio168シリーズ用自転車・バイクRAMマウント(Uボルト)
KAPPA TK714
容量は可変できます。
22lから28l(片方で)
斜めにカットされているのでスポーツバイク系のアップタイプなマフラーにも対応できます。


8/15へもどる
8/17へつづく
2007年北海道ツーリング メニュー
バイクと日々の戯言Blogへもどる

けんぼう作; 2007-10-07更新;
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー