2007年北海道ツーリング
さぁ北海道に向け出発だ

8/10(金)
楽天トラベル
4:30 起床
23787Km 暗い中携帯電話にセットされた目覚ましのアラームで一発で起きた。
朝の4時半である。
今日は夏の休暇初日。
北海道へ出発する。
出発ODDメーターの表示は23787Km

準備OK 今回も前日にトラブルの仕事を何とかやっつけて今日からホッカイダーへ変身できた。
約1週間北海道を愛馬スーパーシェルパで道南を中心に→道央→道東を回ります。
昨日の夜の内に粗方今回の相棒スーパーシェルパに荷物を載せてあるので着替えをすませにゃんズ達に暫しの別れの挨拶をして出発した。

夜明けの一宮IC まだ明けきらない薄暗い市街地を走りR22を一宮ICへ。
ここからは名神高速道路→米原JCT→北陸自動車道→敦賀ICとシェルパには苦手の高速道路を走る。
前に装備したチョイノリ用のウインドスクリーンの効果もあり体に当たる風圧が軽減されているようで苦手の高速道路も少し楽になった。
朝早いなのだが、大型トラックが多く90kmのペースで米原JCTまで走る。

6:20 賤ヶ岳SA
賤ヶ岳 かき揚そば 米原の検札所は無くなっていたのでそのまま北陸自動車道へ。
賤ヶ岳SAで朝飯休憩&給油です。
2輪駐輪所にはどうやら同じく北海道へ行く装備のレブルの彼女とZZRの彼(カップルでは無いようだが)話し込んでいる。
邪魔するのもなんなので軽く会釈をして売店に向かった。
朝飯にかき揚げそばを頂き持病のお薬を飲む。
色々と面倒臭い体になってしまったもんだ。
2輪駐輪所に戻ると先ほどのレブルとZZRはいなくなっていた。
多分敦賀港フェリー乗り場でまた合うのだろう。
さて、おいらも行くかと準備しているとジェペルがやって来た。
メットを脱ぐとおいらよりお年を召した方でした。
これから陸路で新潟→青森に向かうそうです。
東北もあまり行った事がないのでそのうちに行きたいなぁ。

6:20 敦賀港フェリーターミナル
敦賀港フェリーターミナル
給油をすませ敦賀ICへ。
フェリー乗り場に行く前にフェリー内での食料と暇潰しの雑誌を買い込む。
フェリーの食事はちと割高なのだ。
こからは数分でフェリー乗り場のターミナルに到着です。
今回乗るのは新日本海フェリー「あざれあ」です。
チェックインを済ませ外に出るとやっばり居ましたレブルとZZR( ̄∀ ̄)
搭乗まちの列に列び暫し待機。
3番目なのでなかなかいい順番。

8:50 敦賀港フェリーターミナルで事故
敦賀港フェリーターミナル 乗船を待っていると先ほどから妙なところで止まっているな気になっていたヤマハビラーゴと乗用車。
なんか話しているので知り合いなのかと思っていたら、移動交番が登場。
どうやら事故のようです。
ビラーゴの方はチケットを持っていたので今からフェリーに乗るんでしょうけど、幸先悪いですね。

9:00 新日本海フェリー あざれあ乗船
サッポロクラシック 9時から搭乗が始まり二等の和室入り口近くに陣取り成功。
速攻に楽な格好に着替え風呂場に直行。
一番風呂で出るまで風呂は独り占めでした。
風呂あがりはやっぱりこれ。
サッポロクラシック
これを飲むとようやく夏休みの実感が湧くんだよね。
ビールをやりながら海を眺めていると汽笛が鳴った。
いよいよ出航である
しばし船上の人となる。
これから明日の17時までフェリーで過ごします。

15:30 新潟港ですずらんとすれ違い
すずらん 新潟港へ入港。
船内をぶらぶらしていると、館内放送で来去年乗ったすずらんとすれ違うとのこと
船首左舷方向へ見に行くと、丁度すれ違うところ
そういえば毎回、乗る船が違うな

19:00 カップ麺で夕食
真っ赤な油そばと調理パン 敦賀のローソンで買い込んだローソン限定、明星食品の真っ赤な油そばと調理パンをつまみに発泡酒をぐびぐび
油そばは所謂カップ焼そばの変型判ですが、発泡酒と良く合いなかなか美味しい。

21:30 新潟港
新潟港 定刻どおり新潟港へ到着
本日はここで就寝おやすみなさい。ZZZZZZZ

8/10 本日の走行パス
10日の走行パス
本日の走行パスはこんな感じ
R22→一宮IC→名神高速道路→米原JCT→北陸自動車道→敦賀IC→R8→敦賀市内徘徊→敦賀フェリーターミナル
本日の走行距離:87Km
本日の走行時間:1時間30分
総走行距離  :23787〜23904Km 117Km
総走行時間  :1時間30分
ODDメーター  :23904Km
燃費     :給油なし
総燃料    :−L

☆★☆今回の装備☆★☆
即納!お得な8大特典 ナビ対応GPS付き Mio P350 送料/代引手数料無料!★
【そのまま内税】Mio168シリーズ用自転車・バイクRAMマウント(Uボルト)
KAPPA TK714
即納!お得な8大特典 ナビ対応GPS付き Mio P350 送料/代引手数料無料!★
【そのまま内税】Mio168シリーズ用自転車・バイクRAMマウント(Uボルト)
KAPPA TK714
容量は可変できます。
22lから28l(片方で)
斜めにカットされているのでスポーツバイク系のアップタイプなマフラーにも対応できます。


8/11へつづく
2007年北海道ツーリング メニュー
バイクと日々の戯言Blogへもどる

けんぼう作; 2008-2-11更新;
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー